フィンテック

木更津市の電子地域通貨「アクアコイン」10月1日より運用開始

更新日:

千葉県木更津市で2018年10月1日より電子地域通貨「アクアコイン」が導入された。加盟店約320店舗でスマートフォンによる電子決済ができる。君津信用組合、木更津市、木更津商工会議所の三者で連携し運営する。木更津市内のキャッシュレス環境の整備や地域経済及びコミュニティの活性化を図ることを目的としている。

どうやってつかうの?

利用者はスマートフォンに専用アプリをダウンロードし、チャージ(入金)後、加盟店でQRコードを読み込めば決済できる。君津信組の本支店窓口や自動チャージ機での入金だけでなくプリペイドカードによる入金にも対応した。

システムや他の導入事例は?

システムはアイリッジの子会社のフィノバレー(東京・港)の電子通貨システム「マネーイージー」を活用している。「マネーイージー」は岐阜県飛騨市、高山市を対象とする電子地域通貨「さるぼぼコイン」でも導入されている。先行する「さるぼぼコイン」では2018年9月時点で加盟店が750店舗以上となっているという。2018年10月1日には飛騨市と連携し、市役所窓口での証明書発行等の手数料支払いに対応するなど利用を拡大している。

今後の課題は?

信用組合が主体となっていることからもわかるが、どれだけ地道に加盟店の開拓ができるか、また、市がただお金を出すだけでなくどれだけ熱心に地域通貨を使うかが、根付かせるために必要となってくる。

QRコード決済にはセキュリティの問題もあるが、観光地などインバウンドが期待できる地域には面白い試みなので、興味深く見守っていきたい。

-フィンテック

Copyright© ナガログ , 2021 All Rights Reserved.